職場の人に結婚報告をするタイミングはいつがいいの?

結婚することが決まったら、今までお世話になった人や、
これからお世話になる人たちに報告するのがマナー。

その中でも職場の上司や先輩・同僚への結婚報告は、
慎重に進めるべきです。

結婚すれば、少なからずその人の環境が変わります。
書類等の手続きや、業務のこと、その人自身の就業スタイルだったり様々なことが考えられます。
これまでに培ってきた関係性を崩してしまわないためにも、正しい手順で報告していきましょう。

<スポンサードリンク>

結婚報告を会社にするタイミングとは

遅くとも入籍もしくは結婚式の3~4か月前には報告するべきです。
ギリギリでの報告は良くありません。

その理由は、
・年金や保険等の公的書類の手続きが必要
・結婚式に職場の人に出席してもらう場合、その人にスケジュールを空けてもらわないといけない
・結婚式や新婚旅行で長期休暇をとる場合、業務を代わりに行ってもらう必要があるため
などです。

周りの人にも影響が出てしまうため、なるべく早めに報告するのが良いでしょう。
入籍のみで、式も旅行もしない場合も手続きは必要となるので、1か月前には報告するのが望ましいです。
しかし、これはあくまでも目安です。
会社の就業規則等で「〇か月前までに報告する」と決められている場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

結婚報告を職場の人にするときの順番とは

結婚報告のタイミングが決まった次は、
誰にどんな順番で報告するのかを考えましょう。

一般的には
1.直属の上司
2.上長
3.先輩
4.同僚
の順番が望ましいと言われています。

まず、一番最初に報告するべき相手は、自分の直属の上司です。
通常の業務でも、何かあれば上司に相談するのと同じです。
同僚や仲の良い人たちに先に報告したいという思いはよく分かりますが、周りからの噂話として上司の耳に入ってしまう場合を考えてください。
後から知ったということがばれてしまうと、上司のメンツは丸つぶれとなり、気を悪くさせてしまう可能性がとても高いです。

先に同僚に話してしまった場合は、まだ上司に話していない旨を説明し、公にはしないよう一言お願いをしておくのが無難です。
時間帯としては、お昼休みや業務が始まる前など、比較的時間に余裕があるタイミングが好ましいです。
ゆっくり話せる時間に落ち着いて報告するのもマナーです。

直属の上司に報告した次は、さらにその上の人に報告することが多いです。
ただ、ここに関しては、直属の上司の指示に従うのが良いかもしれません。
上長への報告なのか、それとも同僚に言って良いのか、を聞いてみましょう。
「次のミーティングの冒頭でみんなに紹介をしよう」というように、何かしら指示をもらえるはずです。
上長には、上司が代わりに報告をしてくれる場合も考えられます。
特に指示がない場合は、先に記載した順番で報告するのが無難ですね。

他にも、自分の職場・部署以外にも報告をした方が良い人がいます。
総務です。結婚についての手続き関係を行ってくれる部署の担当者の方です。
特に苗字が変わる場合、保険や年金等で公的な手続きが必要となるため、何を用意するべきか、担当の人に確認をとるようにしましょう。

また、取引の人にも報告をするべきか悩む人もいるかと思いますが、基本的には特にしなくて大丈夫です。
お祝いや電報を用意しないといけないのではないかと、気を使わせてしまう可能性があるため、特に報告はしないという人は多いです。
ですが結婚して苗字が変わり、職場でも新姓で働くという場合には、伝えておくほうが良いかもしれません。

派遣社員として働いている人の場合についてもお話しします。
派遣社員の人が一番に報告するべき相手は、勤務先の上司ではなく、雇用先の派遣会社の人です。
登録内容に変更がある場合も考えられるため、まずは派遣会社に報告しましょう。
働いている職場の人への報告はその後です。
今後の自分の働き方をきちんと伝えるようにして下さい。
報告が適当であったり失礼な報告の仕方になってしまうと、雇用先の派遣会社自体の印象も悪くなり、今後の派遣の受け入れを断られてしまうという恐れもあります。
自分は退職するから関係ないのではなく、これから先の人たちのことも考えて、マナーはしっかり考えるように注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
ただの報告と軽く考えていると、自分の信用問題に関わる可能性もあります。
きちんと順番を考えて、失礼のないように努めてみましょう。

<スポンサードリンク>