結婚式のご祝儀っていくら準備すればよいの!?

結婚式に参列するときに準備をするのがご祝儀。
そもそもご祝儀ってどうして必要なの?いくら包むのが良いの?という不安を持っている人も多いのではないでしょうか。
今回は、そんなご祝儀について説明していきたいと思います。

<スポンサードリンク>

そもそもご祝儀とは、結婚をする2人をお祝いする気持ちを表すために、金銭や品物として贈ることを言います。

広い意味では品物もご祝儀の定義に含まれますが、一般的には金銭をご祝儀として考えられます。

友人の結婚式の場合は1人3万円と言われることも多いのですが、果たしてそれは正解なのか。

また親族の結婚式の場合や夫婦で出席する場合など、どういう立場で、何人で出席するのか、によっても、判断に迷いますよね。では様々なケースにおいて、説明していきますね。

結婚式のご祝儀。準備するべき金額のマナー

まず、ご祝儀を準備するにあたってのマナーというものがあります。
知っている人も多いかもしれませんが、奇数の金額を用意するのが良いということです。

偶数って2で割り切れます。その意味にちなみ、結婚する2人の仲が別れてしまわないように、という願いが込められています。

ただ現代においては、考え方はフランクになりつつあるため、偶数をペアとして考える場合もあったりします。

だけどやっぱり日本においては、昔からのしきたりを重んじる風潮が強いですよね。
ご祝儀は奇数で用意すると覚えておくほうが無難でしょう。

ご祝儀の金額の相場について

では実際に、いくら包めば良いのかです。
新郎新婦との関係性の違いから見ていきましょう。一般的な相場です。

・友人:30,000円
 ほとんどの場合が、友人関係であれば30,000円を包んでいます。
 30,000円と気行くと少し高いなと感じる人もいるでしょう。ですが豪華なお料理や引出物を用意してもらっていると考えると、お祝いの気持ちも添えて30,000円を準備するのは妥当な金額です。

・会社の同僚・先輩・後輩:30,000円~50,000円
 こちらも友人の場合と同様、30,000円を包むという場合が多いです。
 先輩といっても、肩書を持っていたり年齢が上の人の場合は、50,000円ほどを包むという人もいます。
 肩書もなく普段からもお世話になっている先輩や、仲の良い後輩の場合は、30,000円で良いでしょう。

・会社の上司:30,000円~100,000円
 新郎新婦の会社の上司の場合は30,000円~100,000円というように、金額帯には幅があります。
 上司といっても、年齢が若く先輩程度の場合であれば30,000円の場合もあります。より高い役職や高齢の方の場合は50,000円、70,000円、100,000円という場合もあるため、その方次第で金額は変動するのが現状です。

・恩師:30,000円~100,000円
 恩師とは学校の先生をはじめ、習い事の先生・サークルのコーチ等も、恩師というカテゴリーで考えます。
 この場合も、年齢や新郎新婦との関係により祝儀の金額には大きな幅があります。
 最も多いのは30,000円で、普段からの深い付き合いであったり高齢になるにつれて、50,000円、70,000円等、100,000円までの金額を包むという場合が多いです。

・親族:50,000円~100,000円
 親族のなかでも、特に伯父や伯母にあたる場合は100,000円を超える場合も多いです。
 また、新郎新婦と年齢の近い「いとこ」の場合は30,000円だったり、兄弟間であれば50,000円のケースも珍しくありません。

 比較的仲の良い親族の場合は、いくら包むのかを事前に家族間で決めている場合も多いようです。

2名以上の連名でご祝儀を包む場合の相場について

次は、夫婦での出席や、家族連盟で祝儀を包む場合の相場です。
夫婦や家族で参列し、複数名の連盟でご祝儀を用意する場合も、基本的には1人あたりの金額×人数分とて考えるのが一般的です。

夫婦の場合、新郎新婦よりも年齢が上の場合は70,000円~100,000円が相場と言えます。
また、70,000円は高いけど50,000円では少ないなと感じるような場合は、祝儀を50,000円と何か品物を贈ることで、金額を調整することも可能です。

3名以上の家族連盟の場合も、1人あたりの金額×人数分が基本です。
4人家族の場合で考えると120,000円~150,000円が相場といえます。

ただ、夫婦2人と小さい子供が2人の場合なんかは、祝儀金額を少し減らして4人で100,000円としても失礼にはあたらないとされています。

このように、基本的には1人当たりの金額×人数分が一般的な考え方ですが、新郎新婦との関係性や年齢、家族構成によっても柔軟に調整してみてください。

まとめ

いかがでしたか?
どういう立場で出席するかによって、金額は大きく変わってきます。
失礼のないよう、事前の準備を忘れないようにしてくださいね。

<スポンサードリンク>