熱海が元気を取り戻した!若者に人気な街、熱海へ

この記事は2分で読めます

出典:https://flic.kr/p/ojEUb4

 

熱海と言えば昭和の頃は新婚旅行や社員旅行でにぎわった街ですが、平成になってからはすっかり落ち目となり、寂れた温泉街と言うイメージが定着してしまいました。しかし、2011年ころから少しずつ元気を取り戻し始め、今では若者に人気の街へと変わろうとしています。そこで、今回は元気を取り戻したと最近噂の熱海の情報をご紹介いたします。

<スポンサードリンク>

熱海の栄枯盛衰、そして新しい熱海への仕掛け人の出現

貫一、お宮で有名な尾崎紅葉の小説『金色夜叉』を始め文学を語る上で熱海という街は外せないほど、かつて、熱海は文豪、文化人に愛された街でした。また、明治時代から昭和の高度成長期は財界、要人などの社交の場として利用され、熱海の芸妓文化も有名です。

 

次第に、一般人からも、新婚旅行や家族旅行、また、社員旅行などで利用されるようになり、にぎやかな温泉街となりました。

 

しかし、バブルの崩壊とともにかつての華やかさは「廃墟の街」などと言われてしまうほどまでに落ち込み、地元の住民もその変わり様にすっかりやる気をなくしてしまいましたが、2011年頃から次第にまた元気を取り戻しはじめたのです。その仕掛け人となったのが、熱海の中心市街地再生事業を手掛ける株式会社machimori代表の市来広一郎社長です。

 

市来社長は大学卒業後一時は東京で働いていましたが、熱海を建て直したいと、熱海にに戻り、地道に熱海再生に取り組んでこられました。

 

新しい熱海のターゲットは若者


出典:https://flic.kr/p/o3skkm

 

まず、市来社長が始めたのは、失われつつある地元の人々の士気を鼓舞することでした。

 

熱海市との協力ではじめた青空市が次第に人気を集め、干物屋さんも色々な工夫を凝らしたり、カフェにしたりと地元の人々の活気が戻ると、一時は空き店舗が多かったメインストリートの熱海銀座商店街にも活気が戻ってくるようになりました。

 

風格のある老舗の和菓子店をはじめ、イマドキ風のカフェ等が立ち並び観光客で賑わうようになりました。その中には、市来社長の経営する「ゲストハウスMARUYA」もあります。

 

「ゲストハウスMARUYA」は海外のユースホステルを思わせるような若者向けのカプセルホテル兼カフェバーで手ごろな値段で素泊まりができ、共同シャワーは無料で利用できるようですが、温泉に入りたければ、近くの旅館の温泉を400円から1000円くらいで利用できるようです。そして、朝食は自分で近所の干物屋さんなどから購入した好みの新鮮な食材を持ち込んで、ハウスにあるグリルで焼いて食べるなど、地元のビジネスと一丸となっての工夫がなされてます。

 

また、集客のターゲットは観光客だけでは無いようです。「ゲストハウスMARUYA」の近所にはレンタルシェアオフィス、会議室もあり、イベントもできる施設もあり、若いビジネス目的のリピーター集客も考慮に入れているというところも成功の秘訣かもしれません。

 

文豪達に愛された老舗のカフェ巡りや、昭和レトロの雰囲気を楽しめる散策ツアーも若い人に人気のようです。

 

熱海に移住?


出典:pixabay

 

何とか、賑わいを取り戻した熱海ですが、実際のところまだ、高齢化や人手不足という問題もあるようです。

 

そこで、熱海市は移住者を集めるため、熱海での起業を支援するプロジェクトも立ち上げました。7月には短期集中型の起業支援プログラム「スタートアップ・キャンプ・イン・アタミ」という、高齢化で増えた空き物件を利用するビジネスについてのワークショップが開かれ、18人が参加したそうです。

 

実は、東京から熱海まで新幹線で一時間かからず、通勤手当の非課税限度額内ということもあり、東京近郊の満員電車よりも新幹線でゆったり通勤できるという利点もあり、最近は熱海に移住し都心へ通勤するという人も増えているようです。

 

まとめ

最近活気が戻ったと注目を集めている熱海についてご紹介しました。海の幸、温泉、山も海もある熱海、昭和の活気とは違う新しい形で再生に成功しました。この秋は新しい熱海を拝見しにふらっと出かけてみてはいかがでしょうか?

 

<スポンサードリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサードリンク>

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ