上京するなら、一人暮らしよりシェアハウス!?シェアハウスの魅力に迫る!

この記事は2分で読めます

最近話題のシェアハウス。シェアハウスといっても、友達と大きめの部屋を借りて、シェアハウスするタイプや、もともとシェアハウスとして1つ1つの部屋を貸し出し、知らない人と家をシェアするタイプがあります。

 

今回は、もともとシェアハウスとして1つ1つの部屋を貸し出し、知らない人とシェアするタイプの方のシェアハウスの魅力をご紹介したいと思います!!

 

<スポンサードリンク>

 

シェアハウスのメリット


 

家賃が安い!

まず、1つ目の魅力はなんといっても「家賃が安い」ということでしょう。
一人暮らしでは、都内ですと場所にもよりますが、大体10万円前後してしまいます。それに比べて、シェアハウスですと大体平均5万円?です。もちろん平均ですので、家賃が5万円以下のお部屋もたくさんあります!!

 

セキュリティが安全!

「知らない人と部屋をシェアするんだから、正直怖い、、。」
という方も多いかもしれません。

 

今では、女性限定でのシェアハウスや特定の職業限定でのシェアハウスなどなど、いろんな種類のシェアハウスがあって安心ですよ!

 

さらに、1人暮らしだと、1人でその部屋を守らなければなりませんが、シェアハウスだと大勢の人が住んでいるので、いつでも誰かしらが家にいて、第三者が入ってくることはほぼありません。

 

人間関係の輪が広がる!

知らない人とシェアハウスをするタイプでは、全く知らない人とプライベートタイムを共有するわけですから、親密になります。

 

そして、いろいろな人と触れ合っていくなかで、人間関係の輪が広がっていくのです。
また、共通の趣味を持っている人を見つけて、盛り上がることもできますし、1人暮らしではできないような体験ができるわけです。

 

趣味が見つかる!

先に申し上げた通り、知らない人と家をシェアするタイプのシェアハウスは、今まで関わったことのない種類の人などたくさんの人と触れ合います。

 

そこで、いろんな話を聞いて、趣味が見つかっていきます。

 

<スポンサードリンク>

 

シェアハウスのデメリット


ここまでメリットだけを述べてきましたが、
ここでシェアハウスのデメリットも並べていきます。

気を遣ってしまう、、、。

シェアハウスで最大のデメリットといったらこれでしょう。
知らない人でも知っている人でも、プライベートタイムを共有するわけですから、もちろん気を遣います。

 

「家で気兼ねなくダラーっとしたくてもなんとなくしにくい、、。」
「社会的マナーで、メイクは常にしておかないとダメかな?」
などなど、他人とどこまで深く関わるかを考えなければなりません。

 

友達を呼べない、、、。

少し語弊を生んでしまうかもしれません。決して友達が呼べない訳ではありません。ただ、友達が泊まれないということがあるのです。

 

せっかく、親元を離れて自由にできるのに、友達が泊まれないのは、痛いところです。
また、最近では友達は性別の垣根を超えて、男女に関わらず親友ができる時代ですが、女性限定のシェアハウスの場合、たとえ親友であったとしても男性の友達を呼べないというのは辛いですね。

 

まとめ

シェアハウスは、1人暮らしと違って、他人とプライベートタイムを共有するというところが最大の違いですね。プライベートタイムを他人と共有することを様々な角度からの視点で、いいようにも悪いようにも見えます。

 

シェアハウスと1人暮らしのどちらにしようか迷っている方は、あなたの性格にもよりますから、正直な話なんとも言えないですが、どちらにも良い点はたくさんあります。ぜひご参考にしていただければ思います。

 

<スポンサードリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ