【自動車保険】1円でも安く加入する方法ってあるの?

この記事は2分で読めます

初めて自動車保険に加入する人で、お金をたくさん持っているからどんな高い保険料でも大丈夫!という人はまずいないと思います。

 

自動車を購入しただけでも色々出費があって、これからも車の中の装飾だったり、ガソリン代だったりとお金がかかることがたくさんあるのに、保険も高いとなっては正直お財布が厳しい!と思ってしまう人の方は意外に多いと思います。

 

そこで今回は自動車保険に少しでも安く入る方法をいくつか紹介します。

<スポンサードリンク>

初めての契約ならではの特典で割引

普通は継続契約で、○日前までに契約すると割引となる保険会社が多いのですが、初めて契約でも割引してくれる保険会社はあります。保険料に応じて割引額などもが決められています。

 

家族の協力で割引

①自動車保険に加入している家族と同居している
②その家族の等級が11等級以上である
この2つの条件を満たす人は、初めて自動車保険に加入する時の等級を6等級ではなく、7等級で契約できます。
保険会社が定めている6等級の割引率は19%、7等級の割引率は30%です。

 

1年間無事故で継続すれば1つ等級があがり、1回事故を起こせば3つ等級が下がります。最初に7等級で契約できれば、その後も何かとお得です。

<スポンサードリンク>

ネットを活用して割引

インターネットで見積もり、契約までを自分で完結させると、インターネット割引が適用されます。その割引額は、5000円から10000円と保険会社によって様々です。

 

見積もり途中で分からないことは、電話でオペレーターに相談することができるので、ネットが扱える人であれば困ることはないと思います。また、自分や車の情報を入力し、各保険会社に一斉にデータを送信して、同時期に見積もりを送ってもらえることができる「一括見積もり」というサービスもあります。

 

ネットで自動車の保険の手続きをすると、見積もりを依頼しただけでプレゼントが当たったり、加入をすると景品が送られてくる等特典も多いです。

 

直接的な割引だけではなく、このようなサービスも重視すると良いかもしれません。

 

勤務先の福利厚生で割引

仕事でマイカーを利用する場合、勤務先が一部保険料を負担してくれる場合があります。

 

その場合、保険に加入していることを証明するために保険証券のコピー等、保険料が分かるものを提示することが必要となります。

 

仮に仕事でマイカーを利用しなくても、割引を受けられる場合があります。
勤務先が何百人、何千人という規模であれば、保険会社とその勤務先が独自の割引率を取り決めしていることがあるのです。

 

もちろん、社員の事故が多ければ割引率は下がりますし、事故が少なければまた割引率が良くなるというもので、安定した割引とは言い切れませんが、普通に加入するよりはお得です。勤務先の保険担当者や総務担当者に聞いてみましょう。

 

証券を発行させないことで割引

保険証券は保険の契約内容を示す大切なものです。
ですが、必ず車に証券本紙を置いておく必要もないです。

 

契約内容さえ分かれば良いという人は、インターネットで契約内容を印刷したものを置いておけば良いでしょう。
その分保険会社から500円程度保険料を割引してもらえるケースもあります。

 

保険会社にとっても、証券を発行する紙代、手間賃の節約になりますし、郵送中紛失等のリスクを考えると契約者が自分で印刷して管理してくれる方が楽なのです。だからこそ、多少割引をしてでも証券を発行しないことを推奨しているのです。

 

まとめ

これらの割引を全部使える保険会社もあれば、一部しか使えない保険会社もあります。
各保険会社のホームページに、割引一覧が掲載されていると思いますので、それを見比べてみてください。
保険料を安くするために、補償を少なくするのは簡単です。

 

しかし、補償を少なくすることによって、万が一の補償が十分に受けられないのであれば、困るのは自分です。
下調べを十分行って、割引をフル活用しましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ