自動車事故が発生した時の対処法

この記事は2分で読めます

自動車による事故は、自分が被害者になる時もあれば加害者になる時もあります。
被害の状態によっては、焦ってパニックを起こしてしまうこともありえます。

 

ですが、事故の現場ではやるべきことやってはいけないことが存在します。
対応を誤ると、別のトラブルが発生しかねませんので、以下のことを心に留めておきましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

【自動車事故時にやるべきこと】

警察への連絡

 

どんなに些細な事故であっても、警察への届出が必要です。
警察が現場を確認しにやってきますから、まずは電話して指示を仰ぎましょう

 

相手がいる事故ならば連絡を怠るということはまずないと思います。
ですが、自分1人だけの時は「面倒」「バレたらまずい」等の理由で連絡をとらない人もいます。

例えば、深夜に運転していて電柱にぶつかったとしましょう。

この時に「誰も見ていないし、車が凹んだだけだからこのまま逃げよう」という考えでは、ダメなのです。

電柱にぶつかったとなると送電に影響が出るかもしれないので、電力会社にチェックしてもらわなければなりません。

勿論、このような指示は警察に電話すれば全てサポートしてくれます。

焦って何をどうすれば良いか分からないからこそ、警察に電話して指示をしてもらうべきなのです。

 

保険担当への連絡

加入している任意の自動車保険会社には、24時間対応の事故受付フリーダイヤルがあります
警察への連絡が終わったら、こちらに電話をしましょう。

 

仮に警察への連絡を忘れていても、フリーダイヤルで受付している間に「警察への連絡はお済みですか?」と聞かれるので、多少順番が前後しても大丈夫です。

 

この時、レッカーが必要かどうか聞かれます。
懇意にしているディーラーや修理工場があればそこに運んでもらえます。
(旅先で事故に遭って、搬送先が何百キロ先・・・となると無理ですが)

 

保険会社やディーラーの名前、連絡先が分かるように、車や携帯電話に連絡先の情報を保存しておきましょう

 

【自動車事故時にやってはいけないこと】

現場から逃げる

怪我人がいたら、救急車を呼ぶ等の救助活動をしましょう
物を壊してしまったら、2次災害が起きないよう後続車に注意を呼びかけましょう。

運転免許証を持っている以上、現実から目を背けて逃げることは許されません

 

相手との交渉

「自分が悪かったから弁償します」

安易にこのような言葉を言ってはいけません。

 

お互いどのくらい過失があって、どのくらい修理費を負担しなければならないか、これを過失割合と言います。
この過失割合は、保険会社の事故担当が判例に沿って決めるものです

 

事故の当事者だからといって、勝手に交渉を始めてしまうと、後で莫大な修理費を請求される等のトラブルが起きかねません。
必要最低限の謝罪の言葉を発するに留めましょう。

 

まとめ


色々書きましたが、緊急事態にはこれらのことを思い出せないかもしれません。
ですが、一人で焦る必要はありません

 

保険会社や修理工場の連絡先が分からなくても、とりあえず親御さんや上司等誰かに連絡をとりましょう。
誰かに話すことで多少冷静さが取り戻せますし、話し相手が「じゃあ、警察に連絡してみたら?」とアドバイスをくれることも期待できます。

 

車の事故は、起きてしまった以上なかったことにはできません
しかし、事故後に関係各所へ適切な連絡をとることにより、スピーディーに解決することが期待できます。

 

また、どんなに運転に自信があっても、自分が信号で停止している間に後続車に追突された、駐車場で停めていた車と隣で駐車をしようとしていた車がぶつかった等、自分の運転技術だけではどうにも避けられない事故もあります。

 

この対処法は、全ての人に共通の事柄ですから、覚えておいて損はありません。

 

<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ