ビジネスシーンにおける服装のマナー。NGな格好を避けるポイントとは?

この記事は2分で読めます

 

ビジネスシーンにおける服装の基本となるのがビジネススーツ。

また暑い夏にはクールビズなどスーツを着用しなくても良い場合もあります。

 

ポイントは「相手に不快感を与えないこと」。

ビジネス、プライベートのシーンでもその場の雰囲気に合わせた服装が求められます。

 

今回は最低限のマナーとして気をつけるべき容姿についてご紹介したいと思います。

 

<スポンサードリンク>

 

髪型、顔

 

あまりにも奇抜な髪型や、伸び放題、寝癖がついていたりするのは

印象が良くないときもあります。

 

髪全体をたてるのはあんまりですが、前髪が目にかかるのは暗い印象を与えますので、前髪をあげるのは明るく好印象を与えます。もちろん無精ひげは清潔感に欠けますので
きちんと綺麗に剃っていきましょう。

 

シャツ

 

色は白が基本。

業界や企業を問わずに着られるので一枚持っておくと着回しがきくので良いでしょう。

好みの色、デザイン着てもよいがあまり派手な色や変わったデザインはNG。
首回りのサイズが合っていないと素敵ではないので、人差し指が1本入るくらいのサイズのものを選びましょう。

また肌に直接触れる襟、袖の汚れに注意すること。
あたりまえですが、しわだらけのシャツはだらしなく見えるので、アイロンがけを忘れずに行うと良いでしょう。

 

ネクタイ

 

 

ネクタイを替えると気分転換にもなるので、何本かバリエーションあるといいかもしれません。

青色ははっきりとした印象になり、黄色は顔がやわらかく見える。結び方は襟の形に合わせる。

 

レギュラーカラーの場合は小さい結び目のプレーンノット、

ワイドカラーの場合は結び目が大きいウインザーノットもオススメです。

 

バッグ

 

リュックサックなどは避け、ビジネスシーンにふさわしいものを選ぶ。

配布される書類やパンフレットなど、A4サイズが余裕を持って入れられる大きさのもの。

また持ち手がしっかりいて、床に倒れないものがいいかもしれません。

2つ以上のバックはかさばり移動が大変になるので避けましょう。

<スポンサードリンク>

靴下

 

スーツに白い靴下やスニーカーソックスを合わせるのはNG。
スーツは濃い色になることが多いので、薄い色だと浮いてしまいます。

スーツの色に合わせて紺や黒などの濃い色を選びましょう。

 

 

プレーンな革の紐靴など、シンプルなものを選びましょう。
装飾がつているものやスリッポンはNG。
汚れがないか、かかとが磨り減ってないか確認していきましょう。
またこまめに磨くことも大切です。

 

私服でと言われたら

 

一概に私服といっても好きなものを着るのではなく、会社や相手方に合わせることが大切だと思います。

どこに出てもおかしくない清潔感のある服装を選びましょう。コーディネートは以下の通りです。

 

ジャケット・・・ネイビーのブレザーや、コットンのジャケットがなどがおススメです。

シャツ・・・ノータイでもかっこよく着られる、ボタンダウンや襟が高いもの。清潔感があれば白でなくも良いかと思います。柄もストライプやチェックにしてみると雰囲気が変わって良いかもしれません。

 

ネクタイ・・・着用する場合はニットタイなどカジュアル感があるものがオススメです。

また細すぎるネクタイも軽く見られてしまいますので、気をつけていきましょう。

 

靴・・・スニーカーなどカジュアルすぎるのもやめておきましょう。

 

 

まとめ

社会人になりおかしな身なりをしていると、性格まで疑われてしまいます。人は見た目が90%と言われることがありますので、ビジネスシーンや、プライベートでも悪い影響が出てしまいます。

 

清潔感をだす順番としてはまず変化しやすい髪型から、靴、服装の順に気をつけてみてはいかがでしょうか。
第三者の意見を参考にしてより良い印象をもたれるようぜひ心がけてみてください。

<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ