【葬儀のマナー】突然の訃報連絡に慌てないために

この記事は3分で読めます

取引先や関係者の訃報連絡は突然に入ってくるものですね。
いざという時に慌てないように、日頃から弔事に関する知識と対応を身につけておくとよいでしょう。
今回はとくにビジネスの場面での対応を記載しますが、日常生活の訃報対応においても基本的には同じですので参考にしてください。
<スポンサードリンク>

訃報を受けたら、まず情報収集


関係者の訃報を受けたら、まず対応に必要な情報を収集するところから始まります。
その内容としては、
①逝去の日時、逝去の経緯と死因について
「いつ、何時ごろなくなったのか。」「ご病気なのか、事故なのか、直接的死因はなんだったのか。」ということは、関係者に連絡する場合の基本事項であると心がけましょう。
②通夜、葬儀・告別式の日時と場所
「いつ」「どこで」行われるかを確認しておきましょう。関係者に連絡する前に場所を地図で確認し、交通手段や所要時間などを調べておくと連絡がスムーズになります。
③葬儀の形式(宗教)
宗教によって儀式のやり方や拝礼の作法、香典の表書が変わりますので、必ず確認が必要になります。最近では「無宗教」で執り行われるケースもありますので、その場合はどのような形式で行われるのか内容について確認をしておきましょう。
④喪主の情報
弔電は喪主宛てに送ることになりますので、故人との関係や氏名、住所、電話番号は確認をしておきましょう。とくに氏名は読み方(ふりがな)まで確認をしておくようにしましょう。
⑤慶弔規定は、前例対応について
慶弔規定や前例対応についてあらかじめ調査してから、上司に連絡するようにしましょう。上司が弔事対応の判断をする際に、参考としていただくように準備が必要です。

 

香典の表書き


香典袋は故人もしくは喪家の宗教によって表書きが違いますので、注意が必要です。香典は通夜もしくは葬儀(告別式)に持参します。表書きは薄墨で書きます。水引は白黒もしくは双銀などの「結び切り」を使用します。薄墨と香典袋は突然の訃報にも対応できるよう常備しておきましょう。
①仏式、仏教式
「御霊前」「御香典」「御香料」
蓮の花が印刷してある香典袋は仏式専用の香典袋ですので、他の宗教には使わないようにしましょう。
②キリスト教式
「御霊前」「御花料」
十字架や百合の花が印刷してある香典袋はキリスト教式専用の香典袋ですので、他の宗教には使わないようにしましょう。
③神式
「御神前」「御玉串料」「御榊料」
④どの宗教にも使用できる表書き
「御霊前」
先方の宗教がわからないときは「ご霊前」と書きます。また通夜でも葬儀でも使用できますので、覚えておくとよいでしょう。
<スポンサードリンク>

宗教による礼拝のマナー

①焼香の仕方(仏式)
仏式では会葬者は焼香を行います。手順は以下のとおりです。
1)焼香台の近くに進み、遺族に一礼をします。
2)焼香台の前に進み、祭壇に一礼します。
3)右手の親指、人さし指、中指の3本で抹香をつまみ、やや頭をさげて、目の高さに押しいただいた後、香炉にくべます。
4)焼香の回数については宗派によって違いがあるが1~3回行います。

各宗派の焼香回数は下記のとおりです。
天台宗は抹香3回、真言宗は抹香3回、浄土宗はとくに決まりがない、浄土真宗は抹香を押しいただかずに1回、浄土真宗大谷派は抹香を押しいただかずに2回、臨済宗は抹香2回、1回目はおしいただき、2回目はそのまま落とす、日蓮宗は抹香に特に決まりはないが3回が多い。
回数よりも、心をこめて抹香することが大切です。
5)遺影に合掌して一礼します。
6)遺族の方に向き、一礼して席に戻ります。

 

②玉串奉奠の仕方(神式)
神式では、玉串を捧げ、音を立てずに二礼二拍手一礼します。玉串は神官から受け取りますが、受け取る前に遺族と神官に一礼します。
1)神官から玉串を受け取ります。左手で葉先側を、右手で茎側を持ちます。
2)玉串を捧げる案(台)まで進みます。
3)玉串の葉先を神前に向けます。茎が手前になります。
4)手を持ち替え、左手で根元を、右手で葉先側を持ちます。
5)時計回りに180度回転させ、葉先が手前にくるようにして案(台)におきます。
6)二礼二拍手(音をたてない) 一礼します。
7)遺族と神官に一礼して席にもどります。

 

③献花の場合(キリスト教式)
キリスト教式では、献花をします。花は係の人が渡してくれます、
1)左手に茎、右に花がくるように受け取ります。
2)花が手前くるように時計回りに90度回転させます。
3)そのまま献花台に置き、一礼して席に戻ります。

<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ