【自動車保険】車を買ったら忘れずに加入しておきたい2つの保険とは?

この記事は3分で読めます

車を買ったら保険に入る。
漠然と知っているけれど、「そもそも保険って何?」「保険ってよく分からない」という方のために、今回は自動車保険の基礎である2つの保険についてご紹介します。

 

<スポンサードリンク>

 

そもそもどうして保険が必要なの?

自動車を運転すると、遠くまでドライブに行けて楽しい、買い物する時に移動が楽、荷物が多くても大丈夫、と楽しいことや嬉しいことばかり思い浮かびますよね。

 

ですが、自動車の運転は、決して良いことばかりではありません。
ハンドル操作を誤って電柱に突っ込んでしまう、急に人が飛び出して来てぶつかってしまう等の危険が潜んでいます。
人を傷つけるだけではなく、最悪の場合死なせてしまうことだってあります。

自分は注意深く運転する性格だから大丈夫と思っていても、駐車場に車を停めている間にいたずらされた、大雨で車が流された等、個人の運転能力には関係ない危険もあります。
このような危険により人のものを壊した、自分の車が壊れた、人を傷つけた、人を死なせてしまった場合、必要になるものはお金です。

お金があればものを修理することができるし、相手への治療費や慰謝料を支払うことができます。
修理費や治療費は、5円や10円で済む話ではありません。
数万円、数十万円、慰謝料等であれば何千万円というケースもあります。
でも、そんなお金をポンと払える人なんて、ほんの一握りの人だけです。

保険は、事故によってお金を支払わなければいけなくなった人の財力を確保するために存在する相互扶助(お互いがお互いを助け合う)の制度です。
事故を起こしていない時には「無駄な出費」と思っていても、いざ事故を起こした時には「加入しておいて良かった」と思わせてくれる、必要不可欠なものです。

 

自賠責保険

正式名称を「自動車損害賠償責任保険」と言います。
道路を走行する自動車やバイクは、必ずこの保険に加入しなければならないと法律で決まっているおり、加入せず車を運転していると、罰則があるため「強制保険」とも呼ばれています。

車を購入した時は、ディーラーがちゃんと加入しておいてくれているので、車検を受けるまでは加入している状態です。
自賠責保険は加入していないと車検が通らないので、車検の度に次の自賠責保険に加入することになりますので、よっぽどのことがない限り常に加入している事になります。

 

ただ、この自賠責保険はあくまで「被害者への賠償」がメインの保険です。
自分の車の修理やケガについては、お金が支払われません。
また保障してくれる金額も少ないので、相手へ賠償する際に、十分ではない場合があります。
ですから、皆この保障を上乗せする分として、任意保険に加入するのです。

ちなみに、自賠責保険はどの保険会社で加入しても保険料は同じです。

 

<スポンサードリンク>

 

任意保険

自賠責保険で足りない保障を確保するために加入するのが、任意の自動車保険です。
CMで「自動車保険をネットで申し込んだら安くなりました!」等と宣伝しているのを見たことはありませんか?
それが任意保険を販売している会社です。

 

自賠責保険と違って、保険会社ごとにサービスが違うので、保険料も変わってきます。
保険料の安さやサービスの充実具合等、自分で選ぶ必要があります。

 

加入しておくべきは、

  ・車両保険  =自分の車に対する補償

  ・人身傷害保険=自分のケガの補償

  ・対人賠償  =相手のケガの賠償

  ・対物賠償  =相手の物に対しての補償(信号やガードレールなどを含む)

の4つです。

 

自賠責保険の場合、車の購入金額に自賠責保険の保険料が含まれているので、負担しているという気にはあまりなりません。車検証と一緒になんか紙が挟まっているな~くらいの感覚だと思います。
その紙こそ自賠責保険の加入証明書であり、事故にあった時に役立つものなんですけどね!

 

一方任意保険の場合、当然ながら補償をしたいものが多ければ多いほど保険料は高くなります。
保険料が高すぎて支払えない、続けられないとあっては、いざという時の補償がありません。
加入する際にはお財布と相談しつつ、必要な補償と不必要な補償を調整していくことになります。

 

素人にそんな作業できるの?と思うかもしれませんが、そこは保険のプロである保険代理店、ディーラーがサポートしてくれますので、保険の知識が全くなくても大丈夫です。

 

 

 

※任意保険には、階段でぶつかって人を倒してケガをさせてしまった時のような、交通事故とは関係ない場面でもお金を支払ってくれるものもあります。

 

 

まとめ

保険には「難しい」「分からない」「面倒」とマイナスのイメージが多いと思います。
また、年齢が高いから知っているというものでもありません。

よく分からないまま「とりあえず言われた通りに加入しているよ~」という人も存在するでしょう。
まずはこの2つの保険を理解しておくことで、手続きの漏れを防ぎましょう!

 

<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ