72の法則ってなに?マネー賢者が知っている資産運用を行う上で役立つ法則とは?

この記事は1分で読めます

 

 

72の法則とは、資産運用において、元本を2倍にする場合の「おおよその年数」や「金利」が簡単に求められる法則をいいます。

<スポンサードリンク>

72の法則、具体的な数式は?

72の法則における具体的な数式は以下のとおりです。
「金利(%)×年数(年)=72」

 

例えば、100万円の資金を8%の複利(金利)で運用して2倍の200万円になるのは、
「72÷8%=9年」より、約9年後ということになります。

 

 

72の法則、発案者は誰?

72の法則は、イタリアの数学者、ルカ・パチョーリ(1445-1517)が、1494年に「スムマ」と呼ばれる数学書で述べたとされるもので、世間では「会計の父」ともよばれる有名な学者です。

 

実際に私たちが資産運用を行っていく上では、数式の「金利(%)」に年1回の複利利回りを入れると元本を2倍にするのに必要な年数がわかります。

また「年数(年)」に運用年数を入れると元本を2倍にするのに必要な金利が求められます。

 

ただし72の法則は、金利において8%付近(6%から10%くらいまで)の複利計算なら使えますが、それ以上・以下になると誤差が少しずつ大きくなっていきます。

 

今の時代では高精度数値を求められるコンピュータなどが開発され、もっと高い精度の数値を求めることもできますが、コンピュータの無かった500年前の時代に発見されたこの法則は、金融業界ではきっと重宝されたでしょうね。

 

簡単な数式で、どのくらいで元本が2倍になるかすぐにわかるこの法則は知っておいて損はないと思います。ミニ知識として誰かにアドバイスするときにも役立つかもしれません。

<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ