盲腸ってどんな病気?手術で盲腸をとるってことは臓器をとるってことなの!?

この記事は2分で読めます

 

よく一般的に「盲腸の手術をして、盲腸をとった」という話をきくことがあります。盲腸をとるということは臓器を失ってしまうことなのでしょうか?

<スポンサードリンク>

一般的に「盲腸」とは「急性虫垂炎」のこと

お腹が痛い時に、「盲腸だ!」と言いますが、正確な病名は「急性虫垂炎」です。

急性虫垂炎は、盲腸のうちの「虫垂」という部位で炎症が起きる病気です。虫垂の大きさはだいたい7〜8cmほどの細長い袋状で、盲腸からぶら下がるような形で存在しています。

昔は治療の遅れにより、炎症が盲腸まで達することが多かったため、「盲腸」と呼ばれるようになったそうです。盲腸をとる、というのは虫垂炎などによって虫垂を切除することをいいます。

ストレスが原因になることも!?盲腸(虫垂炎)が起こりやすくなる3つの主な原因とは!?

盲腸を発症する原因にはさまざまな説があります。現時点でははっきりと明確にはなっていませんが主に3つの原因が考えられているようです。

 

細菌やウイルスの侵入

原因のひとつとして考えられているのが、大腸菌などの細菌やウイルスの侵入です。

虫垂に糞便などの異物がたまる、リンパ組織が過剰に増える、腫瘍ができるといったことにより、虫垂の入口が狭くなったり、塞がったりします。すると、虫垂内部の圧力が上昇し、血行が悪くなります。血行が悪くなることで、細菌やウィルスの侵入を招き、炎症が生じてしまいます。

 

ストレスによる盲腸

ストレスにより盲腸を起こすこともあるといわれています。

ストレスは交感神経を緊張させ、白血球のひとつである「好中球」を増加させます。好中球は殺菌能力が高く、体内に侵入した細菌やカビなどの異物を取り込み、死滅させる大切な役割を担っています。しかし、好中球は増えすぎると、大量の活性酸素を排出するという特徴があり、身体の組織を傷め、盲腸を起こすことがあります。

ストレスは盲腸だけでなく、他の病気の原因にもなりかねません。適度に休息をとりながらリラックスして、うまく発散することが大切です。

 

生活習慣の乱れなどによる盲腸

生活習慣の乱れと盲腸の関係性も指摘されています。暴飲暴食、不規則な生活、疲労、便秘には注意しましょう。また、風邪や胃腸炎が原因となって、盲腸を起こすともいわれています。発症の原因にはさまざまな説がありますが、生活習慣が関係していると考えられる以上、日頃の体調管理はとても大切だと言えます。

<スポンサードリンク>

「盲腸」は取ってもいいの?

「急にお腹痛くなったら盲腸だったから切ったんだよね」

イメージとしては盲腸になったらきれば大丈夫・無くなっても支障ないと思ってませんか?

ヒトの身体は上手くできているもので、必要ないものなんて無いのです。

ないがしろにされがちな盲腸にも、しっかり役割がありました!しかも今流行りのものです。

それは。。

 『善玉菌の格納庫』です。

事実、手術で盲腸を取ってからは、腸内バランスの崩れからか消化が悪くなり胃腸が弱ったという声も聞きます。

大切な役割を担っている臓器ですから、すぐに切除と決めつけず、薬で対処する方法も検討しましょう。

 

とはいえ、いずれの方法にするかはもちろん症状の程度によって異なります。

最適の処置をお医者さまと相談しましょう。

 

手術もままならなかった昔と違い、ほぼ完治すると言われている盲腸ですが、痛みを放置しておくと破裂により膿が流出、死に至る可能性もゼロではありません。

右の脇腹に痛みを感じたら。

 迷わず病院へいきましょう。

<スポンサードリンク>

出典:ヘルスケア大学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ