食物アレルギーとアナフィラキシーの恐怖!アレルギーを起こしやすい食べ物とアナフィラキシーの対処法を調べてみた

この記事は5分で読めます

最近耳にするようになってきた「アナフィラキシー・ショック」。
このアナフィラキシーは食物アレルギーが起因して起こると言われています。

 

そこで今回は、そもそもアレルギーはなぜ起こるのか、アナフィラキシーが起こったときの対処法などについてご紹介したいと思います。

 

アレルギーってなに?

人間のからだには外部からウィルスや細菌などの有害物質が侵入してきたときに、それを攻撃して身を守る機能、いわゆる「免疫機能」が備わっています。

 

この免疫機能が、食べ物や花粉など、もともと私たちの体に有害ではないはずの物質に対しても「これは有害な物質だ!」と過剰反応してしまうことがあります。これを「アレルギー」といいます。

 

実際に過剰反応をしてしまうと、自ら自分の体内を攻撃してしまう物質がつくりだされて、自分自身を傷つけてしまいます。これを一般的にアレルギー反応とよびます。

 

アレルギー反応の正体は「IgE抗体」

 

アレルギーの原因となる物質をアレルゲンまたは抗原といいます。

アレルゲンは一般的に花粉ダニハウスダスト食物薬物など種類もさまざまです。

 

人がどのアレルゲンに反応してしまうか、それは人それぞれ異なります。

ただし育った環境の影響も考えられることから、家族や兄弟で同じ症状になりやすいという説もあります。

 

たとえば親や兄弟が喘息もちの場合、ハウスダストに敏感な人もいます。

花粉の多い土地では花粉症のアレルギー反応が起こりやすい人もいます。

 

<スポンサードリンク>

 

アレルゲンが体内に侵入してくると、これを排除しようと体内では「IgE(アイジーイー)抗体」というタンパク質がつくりだされます。このIge抗体は皮膚や粘膜などに多くあるマスト細胞の表面にアンテナのように無数に張り巡らされています

 

アレルゲンが侵入してきて、このIge抗体とアンテナが侵入情報をキャッチして結合すると、マスト細胞の中に詰まっている「ヒスタミン」という化学物質を一気に放出します。

 

これが皮膚や喉のかゆみ、くしゃみ・鼻水、痰や咳などの症状を引き起こしてしまうわけです。つまりアレルギー反応の正体は、からだが身を守ろうとして自らつくり出すタンパク質「Ige抗体」なのです。

 

 

その中でも今回注意したいのが、食物アレルギーです。特定の食べ物に対しても、からだが「これは異物だ!」と判断してしまい、免疫機能が過剰にはたらくことで、呼吸器皮膚消化器系の臓器など全身にさまざまな症状を引き起こしてしまうリスクがあります。

 

食物アレルギーの原因となる食べ物は?

 

食物アレルギーの原因となる食べ物は、鶏卵乳製品小麦が代表的ですが、その他にもそば果物魚類甲殻類など幅広く存在しているのが現状です。一般的には大人になるにつれてアレルギーになりやすい食べ物が増えてきます。今は何も症状が出ない食べ物でも、いつか大人になって突然アレルギー反応が出て食べられなくなる可能性もあります。

 

筆者は子供の頃は果物が大好きでしたが、大人になり、キウイ、桃、サクランボ、ブルーベリーが食物アレルギーとなり食べられなくなりました。食べると途端に喉がかゆくなり、耳・鼻・喉の粘膜に違和感を感じ鼻水や咳、痰が出てしまい、呼吸をすることさえ辛く苦しむようになってしまいました。

 

子供に食物アレルギーが多いのはなぜ?

一般的には子供に食物アレルギーが多いといわれいます。
6歳以下の乳幼児が食物アレルギー患者の約80%を占め、1歳に満たない子供の10~20%に1人が食物アレルギーだといわれています。

 

子供は成長段階では消化機能がまだ未熟なので、タンパク質であるアレルゲンを小さく分解することができないために食物アレルギーを引き起こしやすいといわれています。

 

果物アレルギーと花粉症の関連性


最近では果物アレルギーが特定の花粉症とも関連があることがわかってきています。

 

 

例えば筆者はシラカバ花粉症なのですが、キウイやナシ、サクランボを食べるとすぐに喉や粘膜のかゆみの症状がでます。医師に特定の食べ物が花粉症と関連していて、アレルギー症状が出やすいという説明をしてもらい、初めて「そうなんだぁ」と納得できました。

 

もちろんすべての人に当てはまるわけではありませんが、現在ではアレルギー検査を実施して調べてくれる病院もあるので、心配な方は一度病院で確認してみることをおすすめします。自分はどれに当てはまるのか、傾向をしっかりと掴むだけでもけっこう安心できるものですよ。

 

食物アレルギーの5つの症状とは?

食物アレルギーが起こると、以下のような症状が表れます。

 

1.皮膚に症状
かゆみ、むくみ、赤み、じん麻疹、湿疹

 

2.呼吸器系の症状
くしゃみや鼻水、呼吸困難、咳き込み、喘息と合併したような呼吸症状(ゼーゼー、ヒューヒュー)

 

3.消化器系の症状
下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、血便

 

4.粘膜の症状
口の中、喉の奥がかゆくなりイガイガする、口の中やまぶたが腫れる、目が充血したりかゆくなる、オットセイの鳴き声のような咳が出る、声が枯れる、窒息しそうになる

 

5.アナフィラキシー


アレルギー物質に触れたり、食べたり飲んだりした直後、数分から数時間以内に上記4つの激しい症状が起こる。または血圧の低下(クラクラして倒れそうになる)や意識障害、ショック状態に至る、場合によっては死亡する。

 

アナフィラキシー症状であるアナフィラキシー・ショックは命にかかわる恐ろしい症状です。

 

 

 

筆者は果物狩りに行ったときに、ブルーベリーをたった3粒口にしただけで、血圧が低下してさまざまなアレルギー症状が発症し、病院へ行って治療を受けたところ、アナフィラキシー・ショックであることがわかったのです。

 

「キウイや桃を食べると喉の奥がかゆくなるけど、ブルーベリーをほんの少し味見するくらいなら大丈夫かな・・・」、そんな軽い気持ちでいたところ、大変つらい思いをしました。

 

食べ物や果物アレルギーのある人は、類似する食べ物を口にする時は特に注意をしましょう。それが自分自身の健康を守ることにつながると思います。

 

 

ただしいくら自分では注意をしていても、アレルギー症状が起こってしまうことはあります。そこでアナフィラキシー症状が出た時の対処法をご紹介します。

 

アナフィラキシーが起こった場合の3つの対処法

もしもアナフィラキシーが起こった場合は、症状の程度に応じて、処方を受けている内服薬を服用したり場合によっては自己注射剤を使用して対処します。一刻を争う状況であれば救急車を呼ぶという方法もあります。

 

1.内服薬で対処する

体内のアレルギー反応を抑える薬を服用して治します。主には抗ヒスタミン剤、気管支拡張薬、経口ステロイド薬などがあります。抗ヒスタミン剤は服用してから30分~3時間くらいの間、気管支拡張薬は15分くらいの間、経口ステロイド薬は数時間くらいの間で効き目がでてくるといわれています。それぞれ薬の効果が出る時間が違うのであらかじめチェックしておきましょう。

 

2.自己注射剤(エピペン)で対処する

アナフィラキシー・ショックの急変時に、自分自身で簡易的に打てる注射があります。アナフィラキシー補助治療剤(エピペン)ともいわれ、太ももの前・横・裏側などに垂直に刺します。効果は内服薬よりも早く注射後、約5分ほどといわれています。自己注射剤はあらかじめアレルギー症状を持っている患者が医師に処方してもらえるものです。 (エピペンの使い方についてはコチラのサイトをご参照ください)

 

3.救急車を呼ぶ

急変し、命の危険を感じた場合は、直ちに救急車(119番)を呼ぶ必要があるケースもあります。

 

 

薬の種類 効果が出るまでの時間 作用する部分
抗ヒスタミン剤 30分~3時間くらい 皮膚や粘膜、鼻など
気管支拡張薬 15分以内 気管支
経口ステロイド薬 数時間 全身
アナフィラキシー補助治療剤 5分以内 心臓や血管、気管支、皮膚や粘膜など

 

まとめ

以上、食物アレルギーとアナフィラキシーについてご紹介しました。

 

昔と比べて現在は、花粉症やアレルギーについてさまざまなことが解明されていることで、対応できる薬の開発も進んできていることがわかります。自分自身のアレルギーを理解し、症状が起こったときの対処がすぐにできる準備をしておくと安心ですね。
<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ