「髪には海藻」だけでは意味がない!?髪を育てる3大栄養素とは?具体的な効果のある食品をご紹介!

この記事は5分で読めます

30代あたりから髪のボリュームが減ったり、伸びて抜けるまでの長さが短かったりと、
髪の悩みを持つ人はじつは非常に多いです。

 

薄毛を気にして、ひじきの煮物を食べたり、わかめの味噌汁ばかりを飲む人も少なくないと思いますが、それらを食べているだけでは髪は育ちません。

 

栄養バランスのよい食事を3食しっかりと摂ること、これが何より大事なのです。
たんぱく質、ビタミン群、そしてミネラルは髪によい効果をもたらす3大栄養素です。
この栄養素を意識して食材を選んでいくことが大切です。

 

<スポンサードリンク>

髪の毛の99%は「たんぱく質」でできている!

 

髪にとって最も重要な栄養素は「たんぱく質」です。
なぜなら髪の毛の99%が約18種類ものアミノ酸が結合して作られた「ケラチン」というたんぱく質でできているためです。

 

たんぱく質は臓器や神経細胞など体の様々な部位で吸収されるので、摂取するたんぱく質の量が少ないと髪までこの栄養が行き渡らなくなるのです。

 

そうなると髪の毛が細くなっていったり、髪の生えにくい頭皮環境になったりします。育毛のためにしっかり摂取しましょう。

 

 

 

 

以下に当てはまる人は要注意です!!

 

・髪が傷んでいる
・肌のトラブルが多くなった
・風邪をひきやすくなった
・集中力がなくなって怒りっぽくなった
・ダイエットをしてもなかなか痩せない
・肉や魚をほとんど食べない
・お酒をよく飲む

コレを摂取しよう!!

・玄米
・大豆製品
・唐辛子
・卵
・ナッツ類
・青魚類

<玄米>

髪の毛に効果のある栄養素
・GABA・・・IFG-1(インスリン様成長因子)を増やす
・ポリアミン・・・新陳代謝をよくする
・γ-オリザノール・・・抗酸化作用、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する
玄米は白米と比べて食物繊維が約8倍含まれ、便秘解消やダイエットなどに効果があります。また髪にとって良い効果がたくさんあります。まず良質なたんぱく質が多いこと、ビタミンやミネラルもたっぷりと含まれています。ビタミンBは白米の2倍、ビタミンEは約5倍、ビタミンB1は約8倍も含まれています。

 

<大豆製品>


髪の毛に効果のある栄養素
・大豆イソフラボン・・・薄毛や抜け毛を抑制する
・植物性たんぱく質・・・髪をつくるのに重要な成分
豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品は良質なたんぱく質や必須アミノ酸が多く含まれていることから、健康に良い食材として知られています。また大豆イソフラボンは髪にとって重要な成分が含まれています。イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンと似たはたらきをすることから、男性ホルモンを抑制する作用があります。男性ホルモンを抑えることで、男性型脱毛症を改善する効果が期待されます。

 

<唐辛子>


髪の毛に効果のある栄養素
・ビタミンA・・・頭皮環境を正常にする効果がある
・カプサイシン・・・頭皮の血流がよくなり、髪に栄養が行き渡る
・ビタミンE・・・抗酸化作用が強い
唐辛子はビタミンAとビタミンEを多く含んでいて「カプサイシン」という成分を体内に取り込むと、全身の血行がよくなる効果があります。

 

<卵>


髪の毛に効果のある栄養素
・亜鉛・・・たんぱく質を髪の毛に変えるはたらきをする
・ビオチン・・・髪の毛の成長を促す、白髪予防
・セレニウム・・・抗酸化作用が強い
卵は髪を生成するために必要な栄養素を多く含みます。ビオチンという成分は髪を作るアミノ酸の代謝を促進するはたらきがあります。

 

<ナッツ類>


髪の毛に効果のある栄養素
・不飽和脂肪酸・・・血液循環をよくして、毛根に栄養を運ぶ
・たんぱく質・・・髪の主成分になる
・ビタミンE・・・抗酸化作用を持ち、髪の成長に役立つ
アーモンドとカシューナッツなどのナッツ類は、栄養価の高い食材で血液をサラサラにする脂肪酸が豊富です。たとえば不飽和脂肪酸という成分は悪玉コレステロールを減らし、毛根に栄養や酸素をスムーズに運ぶことができます。

 

<青魚類>

髪の毛に効果のある栄養素
・亜鉛・・・たんぱく質を髪に変えるはたらきをする
・DHA・EPA・・・血行をよくして、頭皮に栄養をとどける
・ビタミンB6・・・アミノ酸の代謝に不可欠な栄養素
マグロやサバなどの青魚にはオメガ3脂肪酸と呼ばれるDHAやEPAが多く含まれています。毛根に栄養を行き届く効果や血流を促す作用があります。

 

<スポンサードリンク>

髪にも頭皮にも回復効果のある「ビタミン群」

髪によい作用を与えるのが、ビタミンA、B、C、Eといわれています。ビタミンA、C、Eは頭皮の健康を保つ効果があり、B群は主に髪の細胞の成長や生成を促すので、育毛効果も期待できますB群の一種の「ビオチン」も頭皮と髪を健康にして髪の寿命を伸ばします。

 

以下に当てはまる人は要注意!!

・頭皮や肌がベタつくようになった
・顔やまぶたがむくんでいる
・疲れがとれにくく、風邪をひきやすくなった
・ものもらいや、口内炎がよくできる
・慢性的に肩が凝る
・貧血がある
・朝起きると体がだるく、胃がムカムカする

コレを摂取しよう!!

・緑黄色野菜
・柑橘類
・根菜

<緑黄色野菜>


髪の毛に効果のある栄養素
・ビタミン群・・・新陳代謝を促して髪を生えやすくする
・ミネラル・・・髪に栄養を運び、傷んだ髪の修復にも効果的
緑黄色野菜にはビタミンとミネラルの含有量が豊富。ビタミンAは新陳代謝を促し、ビタミンCは髪の再生を促します。特にビタミンが豊富なのは、ほうれんそう、ブロッコリー、にんじん、かぼちゃなどです。

<柑橘類>


髪の毛に効果のある栄養素
・ビタミンC・・・髪に潤いを与えるコラーゲンの生成を助ける
・リモネン・・・抜け毛や薄毛の原因となる酵素のはたらきを抑制
・ヘスペリジン・・・血流をよくするはたらき
レモンやグレープフルーツなどの柑橘類は、ビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンCには、髪にツヤやハリを与えるコラーゲンの生成を助けるはたらきがあります。また、皮膚のコンディションを整えるはたらきがあり、頭皮環境をよくする効果があります。

<根菜>


髪の毛に効果のある栄養素
・ビタミンE・・・血行促進作用がある
・たんぱく質・・・髪の主成分となる
・イヌリン・・・髪を生やす物質を増やすはたらきがある
根菜類は体を温める作用がある野菜といわれていて、寒い時期に重宝されます。その成分は育毛にもよい作用があり、髪を生やす物質を増加させる効果があります。根菜類には「イヌリン」という多糖類が含まれていて、イヌリンは体内で消化できないので、体は早く体外へ排出しようとします。このときに「IGF・I」という髪を生やす物質が生まれるため、結果的に育毛につながるのです。

<スポンサードリンク>

新陳代謝をよくして髪の毛を強くする「ミネラル」

ミネラルには、体内に摂取された栄養素を細胞に吸収させるため、代謝機能に関わる酵素を活性化させるはたらきがあります。髪に栄養を運ぶという重要な役割もあるので、育毛には必要な栄養素です。また、ミネラルが不足すると髪がバサつくようになります。

以下に当てはまる人は要注意!!

・疲れやすく脱力感がある
・コンビニやインスタント系の食事が多い
・お酒をよく飲む
・ストレスを感じやすい
・肌荒れや冷えの症状がある
・貧血やめまいがある

コレを摂取しよう!!

・牛肉
・レバー
・牡蠣(カキ)
・海藻
・乳製品

<牛肉>


髪の毛に効果のある栄養素
・メチオニン・・・体内で作ることのできない必須アミノ酸
・亜鉛・・・たんぱく質を髪の毛に変えるはたらきをする
・L-カルニチン・・・新陳代謝をよくする
肉は高脂肪、高コレステロールの食品です。摂取しすぎると、頭皮の皮脂分泌が多くなってしまい、育毛を妨げたり男性型脱毛症の原因になるため、育毛には適していないと思われています。しかし牛肉には育毛によい成分の「亜鉛」が豊富に含まれています。また髪の健康に重要な成分である「メチオニン」というアミノ酸や、新陳代謝をよくするL-カルチニンという成分も含まれているので、摂取量さえ気をつければ食べてもOKです。

 

<レバー>


髪の毛に効果のある栄養素
・ビタミンB群・・・髪の再生、健康を保つ効果がある
・亜鉛・・・たんぱく質を髪の毛に変えるはたらきをする
・鉄分・・・頭皮に栄養が届きやすくなる
レバーは栄養価の高い食品で、鉄分の含有量は食品の中でもトップクラス。貧血予防にももちろん効果がありますが、髪の毛にも栄養を運んでくれる効果もあります。また髪の再生や皮膚の健康維持にも影響があり、抜け毛予防にも効果を発揮します。

 

<牡蠣(カキ)>


髪の毛に効果のある栄養素
・タウリン・・・血行を促進する
・亜鉛・・・たんぱく質を髪の毛に変えるはたらきをする
・リジン・・・たんぱく質の生成をサポートする
牡蠣はビタミンやミネラルをたっぷり含んだ栄養価の高い食材です。貝の中でも牡蠣は亜鉛を多く含んでいて髪の生成に役立ちます。また牡蠣には「リジン」という成分も含まれていてたんぱく質の生成をサポートします。

 

<海藻>


髪の毛に効果のある栄養素
・ビタミン群・・・頭皮環境を整え、髪の成長を促す
・フコイダン・・・髪の生成を促す物質を生み出す
海藻類もビタミンやミネラルを豊富に含んでいて、ビタミンAやCは頭皮の乾燥を防いで潤いを保つ効果があり、ビタミンBには髪の成長を促す効果があります。また「フコイダン」という成分は体内で吸収されると「海藻ペプチド」という成分に変わります。これが毛根にある毛母細胞を活性化させ、髪の成長を促進させる効果があるのです。

 

<乳製品>


髪の毛に効果のある栄養素
・たんぱく質・・・髪の主成分となる
・ビタミンB群・・・たんぱく質が髪になるはたらきを促進する
・カルシウム・・・血行をよくして、健康な髪を保つ
牛乳やチーズ、バターやヨーグルトなど乳製品は私たちの生活には欠かせない食品であり、カルシウム、たんぱく質、ビタミンやミネラルなど髪に必要な栄養素がバランスよく含まれています。ただし摂取しすぎると肥満のもとにもなるので注意しましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

<参考文献>
髪のお悩み解決BOOK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト運営者より

 

ご訪問いただきありがとうございます。当サイト管理人のふじぽんと申します。

 

読者さんのライフスタイルに彩りを添えられるような楽しい記事、役立つ記事、その他さまざまな記事を複数のライターさんたちと共につくりあげています。

 

1つでもあなたのお役に立てる記事があれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ